Graphicsの生成について – プログラミング – Home

Notifications
Clear all

Graphicsの生成について  

  RSS

なおぞう
 なおぞう
(@なおぞう)
ゲスト
参加: 5年 前
投稿: 143
2015年12月15日 9:59 午後  

VisualStudio2013で開発しています。
ご回答戴けますようお願いします。

Graphics の生成で、
Graphics g = コントロール.CreateGraphics();
Graphics g1 = Graphics.FromImage(Image);
の2通りがありますが、

IntPtr ghdc = g.GetHdc();
と、
IntPtr g1hdc = g.GetHdc();

それぞれのHDCをファイルにセーブすると、g1hdcは真っ黒になってしまいました。
この2つの生成方法で、HDCの内容にどのような差異があるのでしょうか?

教えていただけますようお願いします。


引用解決済
Topic Tags
YuO
 YuO
(@YuO)
ゲスト
参加: 17年 前
投稿: 320
2015年12月17日 12:05 午後  

どうやって「HDC」 (=Handle to Device Context) をファイルにセーブして,確認したのでしょ
うか。
Device Contextの中身を保存しても通常は何ら意味がないと思うのですが。


返信引用
なおぞう
 なおぞう
(@なおぞう)
ゲスト
参加: 5年 前
投稿: 143
2015年12月17日 1:54 午後  

>YuOさん

ご返答ありがとうございます。
C#内で、 作成したそれぞれのHDCを、VC++のほうへ持って行って、
HDCをBMPにセーブする関数で確認しました。

コントロール.CreateGraphics()から取り出したHDCは、コントロールの画像がセーブされ、
Grphics.FromImage(Image)から取り出したHDCは、真っ黒でセーブされました。(Imageが
表示されるのを期待していたのですが)

HDCのビットマップファイルへのセーブはネットで見つけた関数を利用しました。
#HDCをセーブするコードはC++なのでここでは省略します。
http://www13.plala.or.jp/kymats/study/MULTIMEDIA/save_ddb.html


返信引用

返信する

Author Name

Author Email

タイトル *

Preview 0 Revisions Saved
Share:
タイトルとURLをコピーしました